1. HOME
  2. 東京営業所
  3. SEW工法

SEW工法  シールド直接発進到達工法  NETIS登録番号 KT-980417

 

概要

「SEW 工法」(Shield Earth Retaining Wall System)は、立坑のシールド機通過部分にFFU 部材を組み込み、この部材をシールド機によって直接切削し、発進または到達するシールド直接発進到達工法です。

 

 

特徴

(1)安全な工法です。

  危険を伴う開口作業が不要で、切羽を開放することなく、発進到達時の安全性を確保します。

(2)切削性に優れています。

  FFU 部材は切削性に優れており、磨耗したビットでの切削や任意形状の切削が可能です。

(3)工期短縮が可能です。

  従来工法に比べて地盤改良範囲を縮小できるので、工期短縮につながります。

(4)環境に優しい工法です。

  地盤改良範囲が狭く、環境問題に対応できます。

 

t06_img01.jpg

t06_img02.jpg

 

 

発進立坑

t06_img03.jpg

到達立坑

t06_img04.jpg

 

東京営業所 お問合せ窓口